筆ペン・万年毛筆など書道筆ぺん通販専門店
ご案内 FAX ラッピング 名いれ
ホーム筆ペンの書き方

筆を動かすときに最も大事なことは、軸をしっかりたてて、あまり傾けないで持ち続けるということです。

筆を斜めに持ちすぎると側筆になり、内に力のこもらない緩慢な線になってしまいます。

次に穂先を充分に利かせることが大事です。

力強く美しい線を書くためには、穂先の活躍は穂先を切り返す技術と筆を動かすスピードによって決まります。

特に、

起筆部分の書き方は重要です。

そして、筆は常に緩急をつけてリズミカルに動かすことが大切です。

同時に筆圧のかけ方も重要なポイントになります。

穂先の働き・筆運びの緩急・筆圧のかけ方の3ポイントが線質の良し悪しを決めます。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス